読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弱くてニューゲーム!

30代フリーターが社会の片隅からお送りします。喫茶店めぐりが趣味

キャナルシティ博多の「MUJI BOOKS」に行ってきた

キャナルシティ博多に今年3月に改装オープンした「MUJI BOOKS」に行ってきました。

f:id:jintan911:20150923100238j:plain

今年3月にリニューアルオープン

 元々ずっと無印があった場所なんですがこの3月に書籍も扱う「MUJI BOOKS」としてリニューアルしました。書籍の在庫数は3万冊だそうです。無印良品の商品もそのまま扱っています。

canalcity.co.jp

 

オープン直後に一度行って以来、約半年ぶりにバイト終わりに行ってみました。

 

そういえばシルバーウィークでした

シルバーウィーク真っ只中ということでキャナルは人が多い多い…どうしてもカップルの姿に目が行く…あと家族連れも多いですね。ひとりで来たことをわりと後悔しながら3階のMUJI BOOKSへ。

 

広い店内に書籍と無印の商品がずらり

店内に階段があり3階と4階にまたがって設置されているこちらのお店。面積は九州最大だそうです。3階(の一部)に書籍エリアがあります。

 

特徴はふつうの新刊書店のようにジャンル、書籍の形状などでの分けかたは全くされておらず、お店独自のおおまかなカテゴリーごとに書籍が並べられているところ。

 

たとえばこのコーナーはコーヒーの本、こっちは音楽、こっちはガーデニングの本といった具合です。書籍の形状は新書だろうが文庫だろうが単行本だろうがまぜて置かれています。

並べ方もおしゃれで段差を付けたり面陳と挿しを交互にするなど工夫されていて、見ているだけで楽しい本屋さんです。

 

また店内にコーヒーのサーバーがあって100円で飲むことができます。店内の椅子に座って飲んでいいようです。もっとも店内はわりと混んでいるのでなかなか座れないかもですが。

 

コーヒーだったら隣に「cafe MUJI」も併設されているのでそっちで飲んでもいいかもしれません。

 

いわゆる新刊は一部を除きないようです。今話題の又吉さんの「火花」すらなかった気がします(あったらスミマセン)。 

 

お店で厳選した本を置いていることと、形状を混ぜて置いてあることから、普段自分が見かけない本を必然的に目にすることになるかと思います。思わぬいい本に巡り合えるかもしれませんよ!

 

キャナルシティ博多に来た際には寄ってみてはいかがでしょうか。

 

もっと知りたい無印良品の収納

もっと知りたい無印良品の収納